電子契約を行う際の一般的なフロー

電子契約を行う際の一般的なフロー

電子契約のフローデーは、大きく2つのプロセスがあります。

一つ目は、特定のURLをクリックすることに因って本人証明を行うメール送信によるフローです。

必要なものは本人確認及び本人のメールアドレスで、電子契約する側一方のシステムを利用します。

事前にシステムの中に契約相手の情報を登録して置いて契約の際にその相手方に特定のURLが付されたメールを相手のメールアドレス先に送信して、そこから手続きを行う方法です。

もう一つは電子契約システム内で双方がログインして行うというもので、本人確認が双方で行えるため全社よりも信頼性が高いのが特徴です。

ただし双方がシステムを利用するための費用が発生するという点では、デメリットもあります。

もちろん契約の際に多く利用される代表者印のかわりとなるものが、メールアドレスなので事前に情報を提供するという点は社内調整が必要になります。

後者の場合は社内の決裁システムと連動することで、費用は掛かりますがスムーズに対応が可能というメリットもあるのです。

電子契約を使った契約締結は法的に有効なのか。

適切なやり方に則った電子契約で締結した契約は、紙で行った契約と同じ効力が発生するとされます。

逆に、正しくない方法による電子契約を行った場合、法的な効力が発生しない可能性もあるので注意が必要です。

最も確実なのは厳密に管理された電子署名を利用し、その署名が行われたタイミングを証明するタイムスタンプが加えられている契約です。

電子署名を利用すると、契約に関わった当事者本人が内容に合意したうえで署名していると認められやすくなります。

なぜなら、第三者である認証局の審査を経ている以上、信頼性が高いからです。

それに対し、電子印鑑は電子署名に比べると信頼性が劣るとされます。

その理由は、印鑑の印影は簡単にスキャンしてデータ化できるからです。

そのため、電子印鑑では画像データに付帯する情報を加えることで安全性を担保する必要があります。

電子印鑑の有料サービスを活用すれば、使用者や仕様日時などの情報が保存されるので、他人による悪用を防止できます。

それゆえ、こうしたサービスを用いて重要な契約を締結すれば、書面での契約と同等の法的な効力が発生します。

電子契約に関する情報サイト
電子契約の使い方

当サイトは電子契約で何ができるのか、初心者が疑問に感じやすい事柄を分かりやすく解説しています。
具体的にどのような使い方をすれば良いのか分からないという人にもおすすめです。
電子データでの契約を行う際の一般的なフローはどうなっているのかも解説しているサイトです。
さらに電子データでの契約に変えると節約できるコストもご紹介しています。
様々なメリットがある新しいシステムを早速導入してみたいと考える人におすすめです。

Search