電子契約に変えると節約できるコスト

電子契約に変えると節約できるコスト

書面による契約から電子契約に変更することで節約できるコストは多岐にわたります。

想像しやすいのは、書面の作成や管理にかかる人件費や経費の削減です。

契約書の作成や製本、郵送には手間がかかります。

また、書類を管理するためには棚やファイルなどの物理的なコストも必要ですし、書類を探し出す手間を考慮するとここでも人件費が発生します。

これらの費用をまとめて減らせる意味でも、契約の形態に切り替える価値は十分にあると言えます。

さらに、印紙税の削減にも電子契約はつながります。

従来のように書面による契約を行い、その受取額が5万円以上になると、低くても200円の印紙税が発生します。

例えば、このような金銭の受取を伴う契約を頻繁に行う会社ともなれば、印紙代の金額も決して見逃すことができない費用になるでしょう。

電子契約にすれば、印紙代は発生しません。

これは、電子契約書は印紙税法における課税文書の「作成」に該当しないことが根拠とされています。

加えて、印紙を準備する手間を省けることも人件費削減につながります。

電子契約を導入する場合の事務費用はどのくらいかかるか

電子契約サービスを導入する場合の事務費用は、主に基本料金のほかに契約締結ごとにかかる従量課金などによって構成されていることがいえます。

基本料金は月額で1万円から10万円となっており、従量課金については1契約書あたり100円から200円程度です。

従量課金については安く見えますが、電子契約の量が増えるとコストもかさんでくるので留意しておきましょう。

例えば、月平均で50件の契約の場合は年額25万円から50万円が一つの目安です。

しかし、月平均で300件を超えると年額で100万円を超えてしまうことも充分に考えられます。

電子契約のオプションには、別途料金がかかってしまうものもあります。

さらには、初期費用も別途かかるところもサービスを提供している企業によってありますので覚えると良いです。

ただし、このタイプのものは書面契約と比べると紙の補完代や郵送代などはかかりませんので浮きます。

日頃、大量の紙を使用している企業は、電子契約に切り替えるとコストの削減が見込めますので活用すると便利です。

電子契約に関する情報サイト
電子契約の使い方

当サイトは電子契約で何ができるのか、初心者が疑問に感じやすい事柄を分かりやすく解説しています。
具体的にどのような使い方をすれば良いのか分からないという人にもおすすめです。
電子データでの契約を行う際の一般的なフローはどうなっているのかも解説しているサイトです。
さらに電子データでの契約に変えると節約できるコストもご紹介しています。
様々なメリットがある新しいシステムを早速導入してみたいと考える人におすすめです。

Search