電子契約で何ができる?初心者が疑問に感じやすい事柄を分かりやすく解説

当サイトは電子契約で何ができるのか、初心者が疑問に感じやすい事柄を分かりやすく解説しています。

具体的にどのような使い方をすれば良いのか分からないという人にもおすすめです。

電子データでの契約を行う際の一般的なフローはどうなっているのかも解説しているサイトです。

さらに電子データでの契約に変えると節約できるコストもご紹介しています。

様々なメリットがある新しいシステムを早速導入してみたいと考える人におすすめです。

電子契約で何ができる?初心者が疑問に感じやすい事柄を分かりやすく解説

電子契約を利用すると何が出来るのか分からないという初心者の人もいるのではないでしょうか。

電子契約システムはPDFなどのデータに電子データで署名をして契約締結できるシステムです。

紙の書類が不要で、印鑑や印紙も要らなくなります。

電子証明書を使って本人を見分けることになるため、利用前に登録をしておかなくてはなりません。

タイムスタンプ機能があり、署名日時や送信日時などが分かるようになっています。

そのため契約書が改ざんされても分かります。

電子契約で押印の役割を果たす電子署名

これまで使われてきた書面契約では、契約者が判子を押して署名する押印が一般的です。

しかし電子契約を採用する場合、そもそも電子データには押印をする場所がありません。

そこで同じ役割を持つ存在として電子署名が利用されています。

電子署名は本人の印鑑や署名と同じ意味を持つデータです。

電子契約にはこのデータを付け加えることで、契約者本人の同意を得ていることを証明します。

万が一トラブルが発生した場合、契約書は裁判において重要な意味を持つ書類になります。

契約の内容を保証する契約書は、双方の同意を得て作成しなければいけません。

電子契約においても電子データを使った署名は、契約書の作成が本人で意思であることを示す重要な証拠になります。

その契約書は本人の意思によるものであり、本人が知らない所で第三者が勝手に作成したものではないことを示すためにも、電子情報を使った署名は必須となるでしょう。

なお、電子契約では秘密鍵を使って署名を作成します。

電子契約におけるタイムスタンプの意味

利用することによってリモートワークが便利になると評判の電子契約ですが、知らないうちに契約書が改ざんされてしまうことはないのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

Web上で契約を交わすことになる電子契約は、安全に利用できるかどうかが気になるところだという人は多いものです。

そのような場合に知っておきたいものには、電子契約サービスのタイムスタンプ機能が挙げられます。

これは電子署名とともに付与されるのが特徴で、電子署名・電子サインをした日時や送信した日時などを記録する機能となっています。

そのため電子文書にいつ、どのような操作がおこなわれたかは記録されることになるのが特徴です。

もし契約書が改ざんされたことがあったとしてもそのことが客観的にわかり、いつ誰が手を加えたか発見できれば対応できるでしょう。

ただしシステムによって、電子帳簿保存法で求められる認定タイムスタンプが付与されるサービスとされないサービスがあります。

電子契約では印鑑証明書を電子証明書で代用

電子契約では印鑑を使用しないため、印影が契約当事者本人であることを証明するための印鑑登録証明書も使いません。

その代わりとして用いられるのが、「電子証明書(デジタル証明書)」とよばれるものです。

電子証明書の発行は、契約当事者以外の第三者機関となる「認証局」で行われます。

認証サービスを運営する機関は国内にも多く、登録手続きを経て利用可能になる形がとられているのが一般的です。

基本的な発行方法は、電子契約書が完成したら、指定された申し込みフォームに申請者に関する情報や証明書に内包したい情報などを入力して、送信します。

申し込みを受け付けた認証局では審査が行われ、問題ないと判断すれば局内での手続きを経て証明書が発行されます。

紙の印鑑登録証明書と同じようにデジタル証明書にも有効期間があり、期限が過ぎると失効します。

有効な状態を維持するためには更新手続きが必要です。

失効したままでいると、過去にそのデジタル証明書を利用して締結した契約が全部真正なものであると証明できなくなってしまう可能性があるので、定期的な更新手続きは必ず行いましょう。

電子契約の安全を確保するセキュリティ

よりセキュリティに配慮した電子契約を利用するようにしたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。

そのような場合には当事者型の電子署名に対応しているサービスを選ぶのがおすすめです。

電子契約システムには、立会人型と当事者型があります。

立会人型は、利用者の指示によってサービス事業者が電子署名を送付するのが特徴です。

利用者が電子証明書を取得しないでも使用することができ、取引先もアカウントを取得する必要がありません。

当事者型と比較すると利用方法が簡単ですが、電子認証局による本人確認がないのが難点です。

一方当事者型は、電子認証局により本人確認をしたあとに発行される電子証明書を利用して、当事者が電子署名をするという特徴があります。

電子証明書を取得する必要があるため手間や時間がかかります。

その反面、第三者によって本人確認されるので安心感があるのが良いところです。

セキュリティを重視する場合には、手間や時間がかかっても安心感のある方を選ぶのが良いでしょう。

電子契約に関する情報サイト
電子契約の使い方

当サイトは電子契約で何ができるのか、初心者が疑問に感じやすい事柄を分かりやすく解説しています。
具体的にどのような使い方をすれば良いのか分からないという人にもおすすめです。
電子データでの契約を行う際の一般的なフローはどうなっているのかも解説しているサイトです。
さらに電子データでの契約に変えると節約できるコストもご紹介しています。
様々なメリットがある新しいシステムを早速導入してみたいと考える人におすすめです。

Search